2007年11月19日

日本オプティカル

コンタクトレンズ販売業者が併設する眼科診療所を使い、医療費を不正請求しているということで、厚生労働省が取り締まりを強化するそうです。

最近の傾向から、役所が本気出すと凄いことになるので要注意。

問題は、この分野唯一の上場企業である日本オプティカルが不正に関与しているのかが、分からないこと。


ただ、今までコンタクトレンズを使っていた人だったら確認できます。
コンタクトレンズを作りに行ったときの眼科診療が3000円以上だったら完全にアウト。
3000円というのはコンタクトを初めて作る人の場合の料金。
コンタクト経験者は500円もしくは900円。
(端数は省略しています)

コンタクトレンズ販売店とくっついている眼科(コンタクト診療が70%以上)の場合、500円が正しいので900円の場合も不正の可能性が高いです。
ちなみに、同じルールでコンタクトを初めての人も1700円のはず。


と、書きましたが、今週から既に取り締まり強化なので、業者側も新たな不正はしないはず。

先週までにコンタクトを買った人はレシートを要確認。


で、肝心の日本オプティカル株ですが、300円台の株価なのに100株単位、板も100株ずつしかありません。
これでは空売りするのも無理ですね。
先週下方修正し、既に株価も下がっているので余計売りにくい。


posted by さの at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故・不祥事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。